中古ピアノの選び方のポイントは?中古ピアノの購入で失敗しないための情報をわかりやすく紹介していきます

このサイトでは、中古ピアノの選び方のポイントや購入で失敗しないための情報を分かりやすく紹介していきます。
ピアノでは、高い新品ではなく安い中古を買うことはよくあります。
しかし、安ければいいというわけではありません。
いくら安くても音色が悪かったり、すぐに壊れてしまっては意味がないからです。
購入する店選びで大事なことや店の評判なども、しっかりとチェックしておかなければなりません。
当然ですが、口コミなども重要な情報となります。

中古ピアノの選び方のポイントは?中古ピアノの購入で失敗しないための情報をわかりやすく紹介していきます

中古ピアノで失敗しないためには、まず自分で弾いてみることが大切です。
雑音が出ていたり、鳴りや響きがよくないと感じたら、選ばない方が無難です。
また中古ピアノの調律が狂っている場合は、ピンルーズやフレーム折れの可能性があるため買ってはいけません。
当然ですが、タッチ感や音色が気に入ったピアノを選んでいきます。
そして、アップライトの高さや低さも大きなポイントです。
このようにいくつかのポイントをしっかりとおさえて、中古ピアノを選ぶことが大切であるといえます。

中古ピアノは手頃な価格で購入できるのが最大の魅力

中古ピアノの最大のメリットといえば手頃な価格で購入することができることです。
もちろんピアノの保存状態やブランド、年式、前の持ち主の使い方などによって中古の価格差は大きくなりますが、もともと非常に高価な品物であるからこそ慎重に選びたいものです。
仮に中古ピアノを購入したあと様々な不具合を発見して修理が必要となった場合、数十万の修理費用がかかることも珍しくありません。
そのため購入時には店員に現在の状態についてしっかりと説明を受けた上で決定するのが望ましいです。
それでも中古ピアノを購入する場合はその手頃な価格から、ワンランク上の上位モデルのピアノを購入することができるなどメリットもあります。
音色や弾き心地などはピアノの種類によって大きく異なってくるため、できれば上位モデルのピアノを購入したところです。
しかし上位モデルのピアノは非常に高価なののであってなかなか簡単には手に入れることができませんが、中古ピアノだとそれば叶うというわけです。

中古ピアノでも長く使用できるものが多い

ピアノの寿命は60年と言われていますが、30年を過ぎるころから使用頻度や置かれている環境により、状態に差が出てくるようです。
だからといって、中古はだめ、新品で良いというわけではありません。
新品よりも中古の方が良いピアノの場合があるからです。
中古ピアノを見極める上で、「材質」は大変重要です。
音色に直接、影響を与えるため、材質である木材は選ぶ必要があります。
「スプルース」「カエデ」「ブナ」が、ピアノの材質に使われる木材ですが、なかでも「スプルース」は代表的です。
スプルースは音と密接に関係する響板や響棒に用いられています。
新品の中には安価なものもありますが材質の面では劣っている場合もあります。
さらに、中古ピアノを長く使おうと考えたら、ピアノを置く環境や調律などのメンテナンスが重要です。
湿度や温度管理に無頓着でいることで、ピアノの寿命が縮みオーバーホールを選択する必要もでてきます。
新品か中古かではなく材質や丁寧にケアされてきたかを見極めて下さい。

中古ピアノは実際に弾いて音色を確認しよう

中古ピアノを購入する際には、試し弾きをする事をおすすめします。
2、3音だけ鍵盤を指で押してみるだけではなく、椅子にしっかり座って行いましょう。
なかなか買い替える事が出来ないものだからこそ、自分の好みの音色かどうかは購入の際の重要なチェックポイントです。
また、きちんとしたお店なら、販売前にメンテナンスをしっかりしてあるはずですが、自分でもチェックしておけば後々のトラブルを避けられます。
全ての鍵盤の音が出るかどうか、鍵盤の重さ、音の伸びなどを、丁寧に確認します。
ペダルを踏んでちゃんと反応するかどうかも忘れずに試してみましょう。
実際に試し弾きしてみて気になるところがあれば、小さな事でも販売店のスタッフの方に質問してみると安心です。
前に使っていた方の管理状態や、どの位使い込んでいたかなどで、同じメーカーや型番のピアノでも状態が違ってくるものが中古ピアノです。
新品を購入するのとは別の魅力を感じることが出来るのではないでしょうか。

中古ピアノが選ばれている理由

中古ピアノが選ばれる要因として、新品よりもかなり安く購入できる点です。
新品であれば、数十万円や数百万円が下らないのがピアノです。
しかしながら、中古ピアノだとそれよりも非常に安く購入することができます。
それだけでなく、ピアノを弾く人は基本的にデリケートで丁寧に扱うことが多いのも要因です。
それによって、中古でもとても状態の良いと言えます。
当然のことながら、状態がちょっとでも良いほうがありがたいはずです。
中古ピアノであっても、他の商品と違って状態が良い可能性が高いです。
もし50万円のものが30万円以下で購入できれば嬉しいですし、ありがたいのではないでしょうか。
中古ピアノであれば、かなりお得に賢く購入できるのが人気の理由となっています。
あなたが少しでも安くピアノを購入したいならば、ぜひ購入してみてはいかがでしょうか。
そうすることで、お得にゲットすることが可能です。
プロを目指して練習に励んでください。

中古ピアノで気になるところは質問するべき

中古ピアノを購入する前に、気になったポイントは必ず質問して疑問を解消しておくことが大切です。
まずチェックするところとして製造年月が挙げられますが、使用頻度や置いていた環境によって体調は大きく変わります。
年代のみにこだわらず、現在のピアノの状態をしっかりと確認しておきましょう。
鍵盤の全てを弾いて、そのタッチの加減やガタつきの有無を見るのも大事です。
ブレに関しては、白鍵を掴んで左右にスライドすれば分かります。
同時にハンマーの動作、弦の錆など内部を見て異常がないかを見ることも忘れてはいけません。
演奏経験がある方は自分で判断できますが、分からない場合は1つずつスタッフに質問した方が良いです。
外装の状態も、サイトの販売ページだけでなく実店舗に足を運んで実際に目で見ることが重要です。
中古ピアノに個性があり、それぞれの機種で音色・音量が全く異なります。
ペダルの踏み心地やかかり具合、雑音がないかどうかや動きのスムーズさについても吟味してください。

中古ピアノのネット購入はおすすめできない

新品のピアノは100万円以上するのが当たり前なので、中古ピアノを購入しようと考えている方は結構いるかと思われます。
中古ピアノであれば20万円くらいに抑えることが可能です。
様々なところで販売していますが、ネット購入はおすすめできません。
調律が十分にされていなかったり、壊れている箇所がある可能性があるため、実際に自分の目で確認した上で購入することが重要です。
ネット購入の方が安くなっているのですが、安く抑えることに固執するべきではないです。
調律が不十分であれば、調律するための費用も余計にかかってしまいます。
新品ピアノより中古ピアノの方が難しいと言われているので、費用が高くかかることを覚悟するべきです。
素人が何かを見て簡単にできることではないため、調律しに依頼することになります。
中古ピアノを購入する際は、実際に弾いてみて音色の確認もしてください。
中古でもある程度品質が高いものを選ぶことが求められます。

中古ピアノは内部まで細かく確認することが重要

中古ピアノは、新品のピアノと違って同じ製造年であっても使用頻度や置かれていた環境によって状態が全く異なります。
湿度の高い部屋で保管されていた場合はカビや錆などが発生している可能性があり、逆に乾燥しすぎた部屋に設置されていた場合は木の痩せや割れなどが起こっている可能性もあるでしょう。
そのほかにも、たとえば音楽大学を目指していた人が使い込んだピアノは、ハンマーや弦・フェルト類が大きく摩耗している可能性もあります。
こういった中古ピアノの変化は外見からは分からないことがほとんどなので、中古ピアノを購入する際には内部まで細かく確認することが重要です。
なお、中古ピアノであっても調律師が調整や整備を行っているピアノであれば楽器の状態が整っている可能性が高くなります。
このように新品のピアノと違って選ぶ際にはチェックすべきポイントが多くあるので、購入時には販売店や調律師としっかりと相談したり、実際に弾いてみたりして慎重に選ぶのがおすすめです。

中古ピアノは価格が安いだけで決めてはダメ

ピアノは高いものなので、中古で買いたいと思う方も多いのではないでしょうか。
しかし、中古ピアノは価格が安いだけで決めてはいけません。
まずは、製造年を確かめることが大切です。
一般的に、中古ピアノは製造年からの年数が古いものほど価格は安くつけられています。
ですが、古すぎるものは劣化が進んでいる場合が多いのです。
見た目は問題がなくても、強弱が付けられなかったり音が割れていたりするなど影響があります。
なるべく製造年から年数が経っていないものを選ぶのがおすすめです。
少なくとも30年未満のものを選びましょう。
また、製造年からあまり年数が経っていないものでも、価格が安い場合があります。
長年、使用されておらず調律されないままのピアノは、音が出にくくなっているものもあるからです。
製造年からの年数にかかわらず、中古ピアノは実際に弾いてみることをおすすめします。
指弾して、弾き心地や音の出具合などをしっかりと確認しましょう。

修理が不十分な中古ピアノに気をつけよう

ピアノは新品で購入すると非常に高額なので、実際に購入できる人は少ないと考えられます。
ピアノが自宅にあることでインテリア的な効果もありますし、子供などが演奏をする機会が増えるので、自然と自宅の中が賑やかになる特徴もあります。
新品で購入するのが難しい場合でも中古ピアノを購入することによって、新品よりも安く手に入れることが可能です。
中古ピアノは新品のピアノよりもかなり安い値段で購入することができますが、基本的に誰かが過去に使っていたことになりますから、しっかり修理されているのか確かめないといけません。
中古ピアノは修理がちゃんとされていないと、実際に購入したときに音などが変な状態になってしまうリスクがあります。
そのような商品を購入する場合は事前に試しに弾けるようなところで、商品を選んで買わないといけないです。
また購入する場所によってサポートの内容に違いがありますから、問題があったときに対応してくれるところを探すのも重要になります。