中古ピアノを購入する店選びで大事なこと

中古ピアノを購入する店選びで大事なこと

ピアノを購入する方法として中古ピアノを希望する場合、まずは店選びが重要になります。
中古品といって状態などに差があり、販売している店舗の管理方法によって大きく変わってくるのが特徴です。
実際に店舗を選ぶ上で重要になるのが、専門の調律師スタッフの有無や管理スタッフの有無になります。
中古品を買い取った後に状態をチェックして定期的に調律を行い、適切な環境下で管理を行っている店舗であれば状態も良好に保つ事が可能です。
取り扱っている中古ピアノの状態を良好に保つ努力をしている店舗であれば、しっかり管理されているので安心して購入する事が出来ます。
逆に販売員しか在中しておらず、調律も管理スタッフも不在の場合は買い取ったまま放置されている事が多いです。
その場合は中古品の状態は悪い事が多く、購入後にメンテナンスや修理が必要になります。
購入後に直ぐに利用したい場合であれば、やはり信頼できる店舗をしっかり選んでから購入する事が大切です。

中古ピアノを購入する際にチェックしておきたいアフターケアサービス

中古ピアノを購入する際に確認しておきたいのが、アフターケアサービスの項目・内容です。
新品よりは多少値段が下がるものの、やはり中古ピアノは高い買い物です。
保証期間が購入日からどのくらいまで続くのか、保証されている内容もチェックしておきましょう。
また保証が受けられるのは、1年に1回の調律を実施していることが条件になっていたりする場合もあるため、そういった条件面もよく把握しておく必要があります。
大抵のお店では、納品の際における事故の補償も付けています。
引っ越しの時と同様に、きちんと保険があるかどうかも確認してください。
調律に関しても、納品後に行うことをセット価格に含んでいるお店もあります。
ピアノは輸送はもちろん、移動しただけでも調律が狂いやすい楽器であるため調律の有無もよく確認しておくことが大切です。
邸宅への納品後、1ヶ月から2ヶ月後あたりが目安となっています。
この時、サービスの対応エリアも同時にチェックしておきましょう。